こだわっている事

スポンサードリンク



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

最近めちゃくちゃ溜まっててスッキリしない日が続いてる!
溜めちゃダメだって思いながらもすぐ溜まっちまって困ってる!!

毎日スッキリさせて気持ちよくなりてぇ~!!
誰か・・・溜まったのスッキリさせてくれないか?





○Sarah Brightman – Harem




そう・・・めちゃくちゃ溜まっているのは「疲れ」です。
あっちの方はちゃんと抜いてスッキリしているんで大丈夫(笑)!



さて、話は急に変わるけど、こだわりって何か持っていますか?
おいらがこだわってる事はいろいろあるけど、その中から1つ書いてみます。

学校や会社など、集団生活の場で無意識にこだわっている事。
それは常にNo.2の立場であり続ける事です。

昔からトップになる事は極力避けて、常にNo.2の立場を狙っていた。
学級委員でも副委員長だったし、サークルでも副主将のポジション。

たった1回だけ、修学旅行の実行委員長をやった事があったけど(笑)!
今ではガキの頃の懐かしい想い出の1つですb


No.2の立場って、なんか昔から居心地がいいんです。
トップとしての重圧も無いし、実質的にはトップとなんら変わり無い。

人によっては、トップはお飾りで、No.2が実質的な権力者と言う奴もいる。

会社でも、部下と直接話し合えるのはNo.2の立場ならではの特権。
トップには言いにくい事でも、No.2にはなぜか言いやすいみたいですね。

人望も権力も、トップよりNo.2の立場の方があるように感じる。


ナンバーワンよりオンリーワン
最高のナンバーワンより最強のナンバーツー


昔から変わらないこだわりとして、これからもNo.2を続けます(笑)!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ


スポンサードリンク