本気の恋の難しさ

スポンサードリンク



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

ここ数日で暑さも少し落ち着いたような気がします。

それに相反するような重い恋愛の相談が友人からありました。


友人(ゲイ)は今とても好きな人がいるそうです。
その人との出会いは、一生の出会いって思うくらい衝撃的なものだったとか。

でも、好きになった相手はパニック障害を持つ人。
パニック障害が原因で思い悩み、うつ病も併発して現在治療に専念しているそうです。


今年の始めに出会い、7月頃まではデートもして順調だったそうです。
今月に入った頃からうつ病の症状が悪化して、LINEやメールすらしなくなったそうです。

友人はうつ病の人と接した事が全く無かったそうです。
そのため対処法が分からず、やってはいけない事ばかりしてしまったようです。


・メッセージの返事が来ないからと何度もメッセージを送った
・留守電に何度もメッセージを入れた
・辛かったら力になるから頑張れと何度もメッセージや電話で言い続けた
・SNSやブログなどで相手に対する思いをずっと書き続けた
・自宅前に何度か行って部屋の前でウロウロしていた


うつ病患者からすれば、ものすごく重荷になるような事ばかりを繰り返していました。


それでも好きで、何とか力になりたいと思っているとの事。
だったら、何もアクションを起こさず見守ってやりなってアドバイスをしていました。


それでも奴はガマンしきれず、SNSやブログなどに思いを書き連ねていました。
それを相手が見たらしく一方的にLINEから削除されたそうです。


実は、両者とも自分は知っていて、共通の友人でもあります。
双方からメッセージも来るし、話もしています。


そこで知った衝撃的な内容。


それは、相手が正直もうウザくて仕方ないと思っている本音でした。
なぜウザいのか聞いてみた答えがこれ。


・自分の事にかまってばかりで相手がやるべき事をしない
・遠まわしに自分がうつ病である事をSNSやブログなどで公表している
・自分の体調のペースを全く考えてくれていない
・ちょっとメッセージを送ると何度も返事が来て困る


そして一番の要因がこれでした。
「気に入ってもらうために行動していて自分らしさが全く無い」


つまり友人は完全に相手に振り回されて行動していた訳です。
しかも、相手の病状や心情を全く考えない行動に疲れてしまったのだとか。


恋すると誰もがその人しか見えなくなって行動してしまいます。

付き合いを断ってまで彼中心のスケジュールにするとか、友達付き合いが悪くなるとか。


お互い好きで付き合うのは良い事です。
でも、2人だけの世界にハマって周りが見えなくなるカップルが実に多い。


相手を本気で好きになりたいなら、まず自分を見つめ直す事が大事。


この2人がまた良いカップルに戻れる事を願って、今は見守るだけです。


本気の恋って、険しさは増しても甘くなる事は無いんだよね・・・。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ


スポンサードリンク