不朽の名作 コンチェルトゲート フォルテ

スポンサードリンク


基本的に自分はゲームをほとんどやらない人でした。

ファミコン世代ですが友達の家でしか遊んだ事が無いです。
Wiiとかプレステとかもあまり興味はありませんでした。


そんな中、どっぷりハマってしまったオンラインゲームが1つ。

そのゲームの名前は「コンチェルトゲート フォルテ(Concerto Gate Forte)」


ドラクエやFFを手掛けるスクウェア・エニックスの基本プレイ無料のアイテム課金制MMORPGでした。


世界観は・・・

突如、訳もわからず異世界に招かれてしまったあなたは、「勇者候補」として召喚されたにも関わらず試験に合格できず「ファンブルグ市街」に放遂されてしまう。

そのうえ、自分と一緒に召喚されてきた少女トカマクは勇者として認められたらしいと聞き、落ち込みも最高潮に。

これは、落ちこぼれの元・勇者候補たちがひとりの少女のために奏でる物語。

「勇者」じゃない僕たちにも、できること。それは、手と手を、つなぐこと。





○コンチェルトゲート フォルテ – プロモーション動画





○【CGF】ウィルノア戦役 (人気の高かったクエストの1つです)







世界観とかコンセプトにグッと魅かれて長い間ずっと続けていました。日本以外にもアメリカや中国などで展開されていた事があります。


残念な事に、日本では2013年3月27日をもって終了してしまいました。

ストーリー半ばで終わってしまった上に、運営が移管されてから内容が変わってしまいました。

それらが原因となり多くのユーザーが離れて行ってしまった不運に見舞われた不朽の名作と言えるでしょう。


事の顛末はWikipediaに詳細に記載されていますので、こちらをご覧ください。


操作が容易でキャラクターも可愛く音楽も素晴らしいオンラインゲームでした。
今でもYouTubeでBGMが聴けるのが嬉しい限り!





○コンチェルトゲートメドレー – CGF Memories Unfinished Medley







自分は魔術師(のちのソーサラー)とクレリック(のちのビショップ)兄弟メインで参加していました。

戦闘重視なら兄の魔術師、サポート重視なら弟のクレリック・・・そんな感じでゲームの中を走り回る。


運営移管後は魔法職が極端に弱体化したため、物理戦闘職のキャラも育てて楽しんでいました。


何よりも楽しかったのは生産システムによる生産や開拓。
武器や防具、料理や薬などを生産し、材料採取で荒れた土地を開拓して回るという楽しみもありました。


復活を願う声は未だ衰える事が無く、いつかその日が来る事を楽しみにしています。



スポンサードリンク