和ラーにハマる

スポンサードリンク



持病への影響も考え普段はインスタントラーメンを滅多に口にする事が無いのですが、めちゃくちゃ美味い!という友人の感想につられて手を出したのが始まり。

すっかりハマってしまった「和ラー」を全種類食してみたいと思った時には、あまりの反響のためか近所のコンビニやスーパーで品切れとなっていました。

青・黄・赤まるで信号機のようなカラーの3種類ある「和ラー」はそれぞれ特徴があって好みが大きく分かれるみたいです。

個人的に一番好きなのは博多 鶏の水炊き風でしたが、自分の周りの方々の声では能登 海老汁風が一番人気のようです。



〇博多 鶏の水炊き風

あっさり塩味ながら濃厚な鶏の旨味が感じられる一杯。お鍋のシメで鶏雑炊を食べた事はありましたが、それをラーメンにするとこうも美味しいのかと思いました。


博多 鶏の水炊き風

博多 鶏の水炊き風




〇津軽 帆立貝焼き味噌風

生の帆立を味噌味の鍋にがっと入れて煮込んだ時の旨味が感じられる一杯。帆立の磯の香りと煮干しの濃厚な出汁が味噌と絡み合い、まさに漁師料理のような力強さを感じます。


津軽 帆立貝焼き味噌風

津軽 帆立貝焼き味噌風




〇能登 海老汁風

海老で出汁をとった上品な旨味と甘みを感じる一杯。お寿司屋さんなどで出される味噌汁のような海老の出汁の美味しさで、スープも迷わず飲み切ってしまいます。


能登 海老汁風

能登 海老汁風





煮干しなどの魚介出汁を使った中華そば的な和風ラーメンは昔からありましたが、鍋物や汁物をラーメンにしてしまうというコンセプトが素敵です。

お鍋のシメや専門店でしか味わえなかったシメの美味しさが手軽に楽しめるのが良いですね。




スポンサードリンク