Windows10予約の前に

スポンサードリンク



7月29日からWindows10の無料アップグレードが開始されますが、ここで素朴な疑問が1つ。


今使っているパソコンでWindows10がちゃんと動くのだろうか!?


細かい事も含めると、まだハッキリとしていない部分も多く疑問点も解消できていないため、今の所はWindows10へのアップグレード予約は見合わせています。


Windows10

Windows10




Windows10を動作させるためのスペックは下記の通り公表されています。

・CPU: 1GHz以上またはSoC

・メモリ: 1GB(32bit版) / 2GB(64bit版)

・ハードディスクの空き容量: 16GB(32bit版) / 20GB(64bit版)

・グラフィックスカード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス(WDDM ドライバー付き)

・画面解像度:1024×600以上

基本的には、現在Windows7やWindows8.1が動作しているパソコンなら問題はあまりなさそうな感じです。


問題はソフトウェアやアプリで、アップデート前に一番確認しておきたい項目になります。

・Windows Media Centerは削除される

・Windows7のデスクトップガジェットは削除される

OSに関連する内容はチラホラ出ていますが、個人的に入れているソフトウェアやアプリに関しては自力で調べるしか無さそうです。


自分はWindows7を使っているのですが、Windows8.1以上に変更点が多いので悩むところです。

完全ではありませんが、Windows7を使っている方がソフトウェアやアプリが正常に動作するかどうか簡易的に確認する方法を教えます。


Windows10は比較的Windows8.1に似たような環境を求められます。

そこで、Windows8.1アップグレードアシスタントを使って、ソフトウェアやアプリの互換性をチェックしておきましょう。

1.Windows8.1アップグレードアシスタントをダウンロードします

2.互換性をこちらのページを参考にチェックします

3.互換性レポートを確認する項目(チェックした結果ですの画面)で「互換性の詳細を見る」を開きます

4.チェックが終わったら右上の×印で画面を閉じます


ここで要確認となったソフトウェアやアプリは、Windows10へアップデート後に正常に動作しない可能性が高いので書き留めておくことをおススメします。

その上でソフトウェアメーカーなどのホームページで対応状況を確認しましょう。


自分はアップデートの開始までに調べて、納得ができたらアップデートの予約をします。

不安が残る場合はデータのバックアップを取り、クリーンインストールして1つずつチェックしようと思っています。




スポンサードリンク