歳は取るものではない

口癖のように「俺も歳を取ったな~。」という言葉を繰り返す友人がいます。時間の進み方は誰にだって同じで、中学校や高校、大学などで同級生だった友人たちも同じ年齢になっています。 若い頃に比べて体力は明らかに落ちているし、何かを覚えるにも思い出すにも時間がかかるようになっています。つい数日前にあった事より、もうあれから何年も経ったのかと思う事が多くなってきました。 「歳を取る」事は若い頃に比べてマイナス Continue Reading →

地デジカとアナログマ

職場での会話で地デジカとアナログマの話題が出て懐かしく思い、その当時を振り返ってみました。 自分が住んでる地域は、山(と言っても小高い丘程度)や鉄道などの高架、高層ビルなどのいわゆるビル陰になっている地域で、元々電波が弱い地域でした。 そのため、アナログ放送時代は高いビルから電波の供給を受けていて、東京タワーとは真逆の方向にアンテナが設置されていたのを覚えています。 お陰で他県にあるテレビ局の放送 Continue Reading →

平和・・・とは

今年もノーベル賞の発表が行われる時期になりました。 中でもノーベル平和賞は近年とても批判される事が多く、権威の政治的利用だとの声も少なくありません。 平和賞を巡って争いが起きるようではノーベルさんも悲しんでいる事でしょう。 1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分に広島市へ実戦で使われた世界最初の核兵器である原子爆弾が投下されました。 当時約35万人いた広島市民のうち約14万人が一瞬で亡くな Continue Reading →

Make it Count・・・今を大切に

みなさんは夢や希望を持っていますか? 現実社会の厳しさに、誰もが夢や希望を諦めがちになっていると思います。 夢も希望も薄れている時代だからこそ、夢の持つ力を再認識させられる。 夢は叶えてこそ価値があるし、新たな夢や希望が生まれる原動力になる。 若い頃は、多少の無茶も無理もできるし許されます。 おいらくらいの歳になってくると、それも段々と叶わぬ願いとなります。 実現するか分からなくても、果敢に挑戦し Continue Reading →

時間は作るもの

年末年始もあっという間に過ぎ、早いもので、もう1ヶ月が過ぎようとしています。受験や年度末に向けて、忙しく過ごしている方も多いのでは無いでしょうか。 バタバタした毎日を送っている方に、おいらが尊敬する方に教わった、普段の生活を見直すキッカケになった言葉を紹介します。 時間が無いのでは無く、時間は作るからこそできるもの。 時間が無いと言う奴は最初から作ろうとしていない。 ただ無駄に時間を過ごして忙しか Continue Reading →

言葉の不思議な力

言葉と言うのは単なる文字の羅列にしか見えないかも知れません。紙やネット上などで見られるこうした言葉はとても無機質にも見えます。でも、言葉と言うのはとても不思議な力を持っている事に気付かない人が多いのも事実です。 「白いボタン付きのワイシャツ」 例えば、おいらがこのブログでこの言葉を伝えようとしているとしよう。何を伝えたいのかすぐ分かった人はいるかな?気付いた人もいると思うけど、この言葉には2つの異 Continue Reading →

詩篇23篇にみる思いやりと感謝

詩篇(しへん)23篇とは、旧約聖書の中にある詩篇の中の一篇です。 旧約聖書には150篇の詩篇がありますが、その中で最も有名な詩篇の一つです。ユダヤ教とキリスト教の両方において、祈りの言葉として愛されよく唱えられています。そのため、映画や小説などでも度々引用されています。 ○主な引用作品 ・エレファント・マン ・戦場のメリークリスマス ・カジュアリティーズ ・ER緊急救命室 ・タイタニック ・静かな Continue Reading →